目標管理面談の主役は部下=目標が主役ではない

人事評価制度・賃金設計の基礎知識とは

人事考課制度は、いうまでもなく賃金を決定する上で最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教育や配置転換にも用いられ、社員のモチベーションの維持、モラルの向上にも非常に重要になる。
起業して会社が成長し、社員数が増えてくると、優れた人事考課制度が必要になってくるはずだ。これから3回にわたって、
人事考課制度は、いうまでもなく賃金を決定する上で最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教育
最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教

多くの会社が社員のモチベーション(やる気)をいかに上げ、会社を成長させていくかに悩んでいる。社員としても、自分の仕事の評価が高ければやる気はますます向上し、評価されなければ、やる気は萎えていく。その評価は、賃金や賞与への反映ももちろん大切だが、それだけではなく、仕事の達成感、役割への使命感、自己の成長、家族や社会から承認してもらう、人事考課制度は、いうまでもなく賃金を決定する上で最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教育最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教

目標管理制度は、ピーター・F・ドラッカー

実施にあたっては上司(小さな会社であれば経営者)が部下に対して組織の年間目標と課題を説明し、部下は半年あるいは1年間の仕事上の目標を定量的・定性的両面から、できるだけ具体的にたてる。その結果として、毎日漠然と仕事に向かうのではなくある程度目標を人事考課制度は、いうまでもなく賃金を決定する上で最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教育最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教

目標管理における上司の役割は、部下が自己統制するために役立つ目標設定や、その自己統制をサポートすることだ。決して、上司が部下の目標をノルマとして締め付けることではないことを肝に銘じてほしい。
人事考課制度は、いうまでもなく賃金を決定する上で最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教育最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教
目標管理における上司の役割は、部下が自己統制するために役立つ目標設定や、その自己統制をサポートすることだ。決して、上司が部下の目標をノルマ人事考課制度は、いうまでもなく賃金を決定する上で最も重要なものだ。そして、賃金決定以外にも、社員教育

PAGE TOP