BLOG|企業経営に貢献する組織・人材づくり

今、求められている人事機能とは?|前編

中小企業で、経営資源のひとつであるヒトをマネジメントするために、人事部という専門部署を置くことは難しいでしょうが、その機能を社内の誰かしらが考えマネジメントすることは大切なことです。経済構造や価値観が大きく変わった今、人事機能に求められるものは何でしょうか?

個々の企業の状況により優先度の違いはあるでしょうが、共通するものとして「現場リーダーへの支援」と「人視点の原点に返る」ことがあげられるのではないでしょうか。

具体的には、経営資源のモノ・カネ・情報をマネジメントする現場リーダーは、部下であるヒトもマネジメントしなければなりません。しかし他の経営資源と違って意思や感情を持っているヒトはマニュアル的な対応も難しく、手を焼いていることも多く見受けられます。そこを支援してあげることで経営に貢献するのです。

もうひとつの「人視点」とは、最近課題になっているモチベーションや働きがいについて、この視点なくして解決は難しいということです。人件費削減政策の実行等も企業存続のために必要ではあります。しかし、人の気持ちを読み、何を求めているのかを理解し、経営と方向性と連動させていく政策を立案して貢献するのです。

関連記事一覧

  1. 人事ブログ
  2. 人事ブログ|アンカージェイ
  3. 人事ブログ|アンカージェイ
  4. 人事ブログ|アンカ^ジェイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP