BLOG|企業経営に貢献する組織・人材づくり

人材育成と教育研修は違うものなのか。|後編

管理職研修においては、知識教育はできても実技訓練が不足していますので、権力で現場マネジメントしてしまったり、自信喪失に陥ったりと様々な悩みを抱え込んでしまうことになってしまう場合もあります。ここで、もうひとつの課題は、管理職は人を管理することも大事ですが、それと同等以上に「人を育てる」ことの大切さが会社側も本人も弱い傾向にあります。
具体的な例として、毎年部下がつぶれていっているにも関わらず、部門の成績が良いがためにその管理職の評価・処遇は悪くない。といったことは皆さんの周りでもあるのではないでしょうか。

このように人材育成と教育研修は似ている点は多くありますが、同じものでもないのです。それでは、中小企業で「人材育成」をどのように進めていけばいいのでしょうか。

知識教育的な教育研修は外部機関に委託できても、「人材育成」を委託することは難しいことでしょう。やはり社内の人間でやらなければならないのです。ある年度計画で、管理職研修と評価・処遇のなかで、「人材育成」にフォーカスしたことを徹底的に行い、管理職に「人が育つ」喜びと大切さの実感がもてるまで、マニュアル的に対応できない難しさも加わって、しんどいですが「人は成長することで、働きがいや生きがいを感じる」ことを信じて継続して下さい。

これらの暗黙知が社風と同化し、システムとして流れ出せば、その企業は、人材において他社に勝る大きな力をもつことになるでしょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP