BLOG|企業経営に貢献する組織・人材づくり

人材育成と教育研修は違うものなのか。|前編

大企業には、教育研修の専門部署があって、入社から定年退職に至るまで様々な教育研修プログラムを計画実施しています。しかしながら、人材育成と教育研修はイコールではありません。

新入社員はわからないことだらけですから、会社が用意したプログラムを一生懸命学びます。しかしここで会社と従業員とにギャップが存在する場合があります。学生気分から抜け切れず、自分は教えてもらうお客様という認識の誤解です。それ故、遅刻、居眠りで教育担当者を激怒させる輩も毎年見受けられました。

仕事を覚え、経験を積み中堅どころになってきますと、会社と従業員とのニーズにギャップが再び生まれてきます。終身雇用時代は、会社の言われるとおりの教育研修を受けていれば、問題なかったのですが、今の終身雇用が崩れ、従業員の価値の多様化時代では、会社の用意する教育研修を受けるだけでは、うまくいかなくなってしまったのです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP