BLOG|企業経営に貢献する組織・人材づくり

組織構造をデザインするとは|前編

組織構造をデザインするに当たって、ポイントとなる点をあげてみたいと思います。

会社を設立して、組織図を作って下さいといわれた場合、あなたはどうしますか?

まずTopに社長がいて、その下に営業部や製造部の箱を書いていくことでしょう。そして業績が上がり、人を採用し、組織が大きくなってくると、営業部や製造部の下に枝分かれした箱が伸びていくのが、一般的な組織の成長です。ただ、この作業を単純に続けていくと大変なことになると気づいてもらいたいのです。

それを説明する前に、会社設立当時の組織が最も強固であることは異論がないことでしょう。
10名前後のメンバーが、価値観を共有しながら互いに助け合い会社を成長させていくイメージです。
社長は現場の隅々まで目が届き、現場もすぐに報告、相談ができる組織です。業務が拡大していくと、仕事量や専門性が耐えられなくなり、人を採用し組織も拡大していくことは必然となります。

関連記事一覧

  1. 人事ブログ|アンカージェイ
  2. 人事ブログ|アンカージェイ
  3. 人事ブログ|アンカージェイ
  4. 人事ブログ|アンカージェイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP